がんに関する不安や悩みは
がん相談支援センターへ

CONSULTATION

「がん相談支援センター」は、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されているがんに関する相談窓口です。その病院に通院していなくても、どなたでも無料でご利用いただけます。

がん相談支援室(がん相談支援センター)

「がん相談支援室について」

がんの治療や療養生活に関する疑問や不安に対して、がん専門相談員(公認心理師・医療ソーシャルワーカー・看護師)が信頼できる情報の提供や療養生活の相談、心のケアを行っています。当院に受診されている患者さんやご家族に限らず、どなたからの相談でもお受けします。相談は無料で、匿名でのご相談も可能です。
相談された内容が相談者の許可なく、主治医や通院中の医療機関に情報提供されることはありません。

※ただし、カルテ情報などに基づいた相談をご希望の方は、医師の受診やセカンドオピニオン外来などをご案内させていただきますことをご了承下さい。

「相談室の利用方法」

TEL.0859-38-6294

※外来・病棟の看護師を通じてご連絡いただいても構いません。

[受付時間] 9:00〜16:00(土・日・祝日は除く)

[場所] 第二中央診療棟2階がんセンター内アクセスはこちら

相談無料

対面・電話での相談をお受けしています。

WEB申し込み

「ご相談内容」

  • がんの治療、検査、副作用など一般的な医療についてのご質問
  • 受診に関する相談
  • セカンドオピニオンに関する相談
  • 在宅療養や緩和ケアなど地域の医療機関に関する相談
  • 患者さん、ご家族の療養生活に関する相談
  • 治療をうけながらの就労に関する相談
  • がんに関する医療費や社会福祉制度、介護に関する相談
  • 患者会やがんサロンに関する相談
  • こころの相談
  • 思春期、若年成人(AYA世代)のがんに関する相談
  • がんゲノム医療に関する相談
  • その他

がんと就労

働くことは生活や治療継続のためだけではなく、生きがいにもつながります。仕事のことや働き方について悩まれるときはがん相談支援室にご相談下さい。
下記相談機関との連携窓口にもなっております。

ハローワーク米子「長期療養者就職支援事業」

毎月第3木曜日14:00~16:00(予約制)
・チラシ[PDF]

「みなくる(鳥取県中小企業労働相談所)」の労働相談

個別に日程を調整します。
・チラシ[PDF]

がん患者サロン「さくらサロン」

「さくらサロンについて」

がんという突然の病気に不安や悩みを抱える日々…。でもそんな時こそ、同じ体験者同士が話をすることでわかり合えること、学び合えること、元気になれることがあると思います。患者さんやご家族の皆さんがほっとできる場となるよう願いを込め「さくらサロン」を開設しております。「不安や悩みを話す」「役立つ情報を収集する」そして「リラックスする」場として広くご利用いただきたいと思っております。どうぞお越しください。

「ご利用案内」

対象

地域のがん患者さんとそのご家族の皆さん

開室時間

月~金(祝祭日は除く)9時~17時

場所

鳥取大学医学部附属病院 第二中央診療棟2F がんセンター内
・案内図[PDF](準備中)

お問い合わせ

TEL.0859-38-6294(がん相談支援室直通)

「内 容」

さくらサロン交流会 毎週火曜日13:00~15:00 〈予約不要〉

※新型コロナウィルスの感染対策のため現在は中止しています

オンラインさくらサロン交流会 毎月第2火曜日13:00~15:00 ※要事前申込

Zoom使用(ネット環境及びパソコンまたはスマートフォン必要)
Zoomの参加方法などお気軽にがん相談支援室にお尋ねください。
・案内チラシ[PDF]

子育て世代のがん患者サロン「さくらカフェ」
1回/3ヶ月

子育て・働く世代のがん患者と家族のつどい「あさがお」と連携開催
Zoom使用(ネット環境及びパソコンまたはスマートフォン必要)
Zoomの参加方法などお気軽にがん相談支援室にお尋ねください。

その他

各がんに関する冊子・書籍・タブレット端末(貸出)

「ご利用にあたって」

交流会の開催情報の変更などは「新着情報」もご参照下さい。
お問い合わせはがん相談支援室まで。

「さくらだより」

患者さんやご家族からのメッセージや暮らしのヒントなどを掲載した会報誌を発行しています。
・さくらだより 第21号

バックナンバー

FAQ

よくあるご質問・ご相談と回答をまとめました。
さらなるご質問・ご相談があればお気軽にお問い合わせください。

Q.

がんと診断されました。
病気のことについて自分でも調べてみたいのですが、どのようにして情報を得たらいいでしょうか?

A.

がんに関する情報はとても多く、自分の状況に合ったもの、自分にとって役立つものを見つけるのは大変です。実際にがんと診断されて間もない時期はなおさらです。がん相談支援室では、各がんについてのわかりやすい冊子を用意しております。またお探しの情報を信頼できるインターネットサイトから探すお手伝いを致します。

Q.

がんと診断されて説明を受けましたが気になることが色々あります。
先生に聞いてもよいことなのか、どのように聞けばよいのかわかりません。

A.

診断・治療の時期は、様々なことを決定したり、判断しないといけません。納得した選択をするためにもわからないことがある時には担当医をはじめとする医療者に遠慮せずに尋ねていただきたいと思います。1回の診察で全部まとめて聞く必要もありません。
ただ、充分にお気持ちを伝えられなかったり、診察後に新たに出てくる疑問もあると思います。がん相談支援室では疑問点や気になることを伺い、内容や問題を整理したり、がんに関する信頼できる情報の提供を通じて、担当医の先生と充分に話し合いができるように支援致します。

Q.

がんと診断されて不安でいっぱいです。病気や治療のことを相談したり、気持ちを話せる相手がいません。一人で考えることが辛いです。

A.

がんと診断されると、多くの患者さんやご家族は衝撃を受け気持ちが動揺します。こうした心の動きは多くの方に起こる自然な反応です。身近な人に話すのが難しい時には、ぜひがん相談支援室をご利用下さい。病気や治療のこと、生活の中で大事にしたいこと、その他言葉にならないもやもやしたお気持ちも丁寧に伺い、ご自身にあった病気との向き合い方、付き合い方を考えていくことができるようお手伝いを致します。がんと診断された時だけでなく、気持ちが辛い、落ち込みが強いような時もどうぞご相談下さい

Q.

医療費についての不安があります。

A.

がんの治療では多くの場合、入院や定期的な通院、自宅療養が必要となり、経済的な心配をされる方も少なくありません。がん相談支援室では高額療養費制度や限度額適用認定証など利用できる制度や手続き方法についてご説明いたします。

Q.

治療や通院しながらの就労について相談したいのですが。

A.

自分の病状や体力に合った仕事を新しく探したい方にはハローワーク米子の就職支援ナビゲーターによる『長期療養者就職支援事業』(毎月第3木曜日14:00~16:00)<予約制>を行っています。また休職や復職のこと、社会保険制度のことについては『みなくる』(鳥取県中小企業労働相談所)の労働相談員とがん相談員によるワンストップサポートを行っています。予約制となりますので、まずはがん相談支援室にご連絡下さい。

Q.

がんという同じ体験者同士で話をしてみたいのですが。

A.

がん患者サロン『さくらサロン』において交流会を開催しています。現在は新型コロナウィルスの感染対策のため、対面での交流会は中止しておりますが、月に1回(第二火曜日)オンラインでの交流会を開催しております。また1回/3ヶ月、子育て世代のがん患者サロン『さくらカフェ』をオンラインで開催しております。当院に通院の方に限らずご参加いただけますのでがん相談室にお問い合わせ下さい。その他、鳥取県がん診療連携協議会ホームページ「とりがんねっと」にも県内のがんサロン等の情報が掲載されております。

Q.

新型コロナウィルスワクチンの接種について。

A.

感染防御において最も有効な手段がワクチンです。ワクチン接種後の2~3日は、発熱、筋肉痛、倦怠感などを認めることがあるため、スケジュール的にがん治療日に影響が及ぶ可能性がある場合や、白血球数が著しく減少するような抗がん剤治療を受けている場合は、事前に主治医にご相談されることをお勧めします。ワクチン接種に関する詳細な情報は以下のホームページをご参照ください。

詳細は下記のサイトをご覧ください

Q.

新型コロナウィルスに感染するのではないかと人ごみに出ることを躊躇します。病院に行くこともリスクなのではないでしょうか?

A.

あなたが大切な治療を行っている場合は適切な感染対策(マスク着用、うがい・手洗い、三密を避ける)を行った上で通院を継続してください。
各病院では感染対策をとり、来院される方が安全・安心に診療を受けることができるように配慮しています。
それでも不安が強い場合は、受診について主治医に相談してください。
診療内容によっては、オンライン診療や治療間隔の調整などができる場合があります。
不要・不急の通院は控える必要がありますが、必要な治療を適切に受けることができるように医療者と一緒に考えていきましょう。
尚、ご自身に新型コロナウイルスを疑う症状を認める場合は、来院前に電話にてご相談ください。

Q.

がん患者は新型コロナウィルスに感染すると重症化しやすいと聞きました。感染を予防するために何か良い方法がありますか?

A.

がんという病気の特徴、または抗がん剤や放射線などの治療によって免疫力が低下している場合があります。新型コロナウイルスは非常に感染力が高いと言われていますので、適切な感染対策が必要になります。
コロナウイルスのワクチン接種は感染および重症化予防の対策になります。治療内容によってはワクチン接種のタイミングを調整する必要がありますので、主治医に相談してください。
また、感染予防には不要な外出を控え、密集・密閉・密接のいわゆる三密を避けることが重要になります。マスク着用、うがい、手洗いなど基本的な予防行動を取ることが勧められます。

利用者アンケート

このたびは、がん相談支援センターをご利用いただきありがとうございました。がん相談支援センターをより相談者の皆様のニーズにお応えできるものとするために活用させていただきます。大変お手数ですが、以下の質問への回答をよろしくお願い致します。

回答はこちら

アクセス

鳥取大学医学部附属病院 がんセンター

〒683-8504 鳥取県米子市西町36-1
鳥取大学医学部附属病院 第二中央診療棟2F

案内図[PDF]

米子駅から徒歩で15分
米子駅から米子市循環バスで8分

循環バスのご案内

日ノ丸バスで大学前から米子駅4分

日ノ丸バス時刻表