CANCER CENTER

早期の緩和ケアの介入、がん患者サロン、相談支援室など、
がんのトータルケアを行える環境が整っています。

センター長挨拶

センター長武中 篤

Atsushi Takenaka

オールインワンサービスを目指して

本院がんセンターは平成19年4月に設立され、本院の先進的がん治療の推進ならびに鳥取県のがん治療の標準化、均てん化に貢献してまいりました。
一方、近年のがん薬物療法の発展は目覚ましいものがあり、従来の抗がん剤に加え、種々の分子標的治療剤や免疫チェックポイント阻害剤が登場し、そのニーズの高まりとともに治療法もより専門性を増しています。このように、今後本院がんセンターが果たすべき役割は益々大きくなるものと考えております。特に、分子標的治療剤や免疫チェックポイント阻害剤には重篤な副作用もあり、これらを管理する横断的かつ専門的チームも必要となります。
令和3年4月、これらのミッション実現のため、旧センターを改組し新たな組織を立ち上げました。新センターは、化学療法部門、緩和ケア部門、がん登録部門、がん教育部門、がん診療連携部門、がん相談支援部門の6部門からなります。患者さんが、我々のセンターに来ていただければ全てのサービスが受けられ、心も安らぐことができる、このようなオールインワンサービスが提供できるがんセンターを目指したいと考えております。
さらに、専門的人材育成、がん登録なども推進し、がん診療連携拠点病院として鳥取県のがん診療成績向上にも努めてまいりたいと思います。

センターの概要

がんセンターの体制・機能についてのご案内です。

「体 制」

当センターは「緩和ケア部門」「化学療法部門」「がん教育部門」「がん登録部門」「がん診療連携部門」「がん相談支援部門」の6つの部門で構成しています。各部門の詳細は『部門紹介』のページをご覧下さい。

「機 能」

当院は「都道府県がん診療連携拠点病院」として、質の高いがん医療を提供する責務を担っております。当センターはその責務を果たすべく6つの機能を有しております。

  1. がんと診断されたときから緩和ケアの実施

  2. 標準治療に基づいたがん薬物療法の提供

  3. がんに関する最新の知見を得た高度な医療を担う人材育成

  4. がんに関する統計学データの収集・分析

  5. がんになっても安心して生活できる地域連携の推進

  6. 正しい知識に基づいた情報提供と相談支援

スタッフ紹介

  • センター長

    武中 篤

    Atsushi Takenaka

  • 副センター長

    小谷 昌広

    Masahiro Kodani

医 師

  • 安部睦美

  • 山下 太郎

  • 矢内 正晶

  • 池淵 雄一郎

  • 倉吉 和夫

コメディカル

  • がん看護専門看護師

    上田 恵巳

  • がん看護専門看護師

    山崎 かおり

  • がん看護専門看護師

    奥野 梨沙

  • がん化学療法看護認定看護師

    来海 さゆり

  • 緩和ケア認定看護師

    矢間 友美

  • その他看護師

    7名

  • 臨床心理士

    吉岡 奏

  • 医療ソーシャルワーカー

    成相 好恵

事 務

  • 舩越 美華(がん登録)

  • 中田 香織(がん登録)

  • 遠藤 真由美(がん登録)

  • 景山諒子

  • 吾郷 穂奈実